npmモジュール公開してみた

公開したモジュールはintensityjsというものです。

3方向の加速度データを元に、計測震度を算出するためのモジュールです。

仕事でドメインの知識を得たので、個人的にJavaScriptにて実装をしました。

その際のnpmモジュールの公開が意外と簡単だったため、その方法をまとめます。

npmユーザの作成

npmのauthor情報が必要なので、以下のコマンドで作成します。

1
2
3
$ npm set init.author.name "Kotaro Takahashi"
$ npm set init.author.email "kotaro.t@k4h4shi.com"
$ npm set init.author.url "http://k4h4shi.com"

上記コマンドを実行すると、~/.npmrcが作成されます。

npmユーザの追加

次に以下のコマンドを実行します。

1
$ npm adduser

npmモジュールの作成

以下のコマンドで、プロジェクトルートを作成し、npmを初期化します。

1
2
3
$ mkdir intensityjs
$ cd intensityjs
$ npm init

すると、npmモジュールの情報を管理するpackage.jsonというファイルができます。

準備はできましたので、実装をします。

npmモジュールの公開

package.jsonさえちゃんと作れていれば、以下のコマンドでnpmモジュールが公開できます。

1
$ npm publish

まとめ

npmモジュールを公開するのは簡単なので、ぜひみなさんやってみると良いと思います。
Travis-CIを使ったCIも行いましたので、今後はそれについても記事を書きたいなと思っています。

参考リンク