.editorconfigでテキストファイルの書きっぷりを統一する

.editorconfigはテキストファイルのレイアウトを統一するための設定ファイル。

テキストファイルの編集、保存時にインデントや改行コードを統一してくれる。

エディタ自体が対応しているものや、プラグインなどで対応しているものがある。

使い方

設定を適用したいフォルダに.editorconfigを配置する。

.editorconfigの例

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
root = true // プロジェクトルートに配置しているか
[*] // ファイル形式の指定: [*.js]などのように指定できる。
charset = utf-8 // 文字コードはutf-8
indent_style = space // インデントはスペース
indent_size = 2 // スペースの数は2つ
end_of_line = lf // 改行コードはlf
trim_trailing_whitespace = true // 行末のスペースを削除するか
insert_final_newline = true // ファイル末尾の開業をするか

参考資料